メゾンヴィヴィエンヌタイトル

 

フランス アンティークの「分銅」(おもし)です。

秤の片側に載せて、物の重さを計測するために使用されていました。

秤(仏語でBalance=バランス)自体は古代から存在していましたが、フランス革命後の1795年に、各地域ごとにばらばらであった計量の規則が統一され、1840年1月1日よりそれが義務づけられることとなりました。

この重石の、六角形かつ輪のついた形状はその時に制定されたものということです。
重石を使って測るタイプの秤は20世紀半ば頃に自動秤が発明されるまで、あらゆる商店の店頭で使われていました。

こちらはそんな時代の生き証人とも言える鉄のアンティーク重石です。

重さは500g、小さいのにずっしりと重いです。
DEMI KILOG(1kgの半分=500g)とフランス語で彫ってあります。
また、5 HECTO G と書いてあるのも500gの意味です。HECTOとはギリシャ語に語源を持ち、100を意味する言葉なので、5X100=500G ということです。

経年による自然の錆色とあいまって、そこにあるだけでヴィンテージ感が漂います。
錆がつくかもしれませんので、ある程度汚れても構わないペーパー類のウェイトなどにお使いください。
写真に写っている200gと100gのものは大きさの参考であり、商品に含まれません。

【Size】H3cm 径6cm
【年代】1800年代~1900年代半ばにかけて

関連ブログはこちらからどうぞ。

フランスアンティーク 分銅(重石)500g Poids demi kiloG (B)

価格: ¥2,800 (税込 ¥3,024)
数量:
在庫: 2個

返品についての詳細はこちら

こんなアンティークもあります。

                    カート大

アンティークサーチ          

facebookボタン
Instagram

メゾン・ヴィヴィエンヌのメールマガジンにご興味をお持ちいただきましてありがとうございます。

下記にメールアドレスを入力し、登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

Calendrier
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業日

★土日祝休(在宅時はメール・発送対応可能)
★臨時休業・買付休業をすることがあるため、カレンダーにてご確認くださいませ。ご注文は365日24時間可能です。

ページトップへ