フランスのアンティーク市・蚤の市でアンティークやブロカントを買付し、オンラインショップで販売しています

フランスでは、各地で毎週末のように
アンティーク市が催されています。

老いも若きも、たくさんのフランス人たちが
ガラクタから骨董まで、
真剣に、そして楽しそうに
品定めをしています。


必ずしも、将来高くなることを見込んでの、
投資目的ではありません。

「丁寧に作られた、本当にいいもの・手作りならではの味わいのあるもの」

を、不要になった人から
必要としている人に受け継いで、
現行品の家具や雑貨に
うまく溶け込ませながら大切に使っていく。

その姿勢は、安い大量生産品を
使い捨てにすることに慣れた私たちが、
是非見習いたいものです。

機械で大量生産されたものとは違う、
手作りの品物の精巧さ、丁寧さ、
そして、手作りならではの不均衡な味わいすらも、
大切に愛でたい人が多くなれば、
その技術は廃れず、受け継がれることになります。

一方で、二度と使われることのない
用途のための品物もあります。
それらは、残念ながら
もう生産されることはないので、
失われてしまえばその数は減る一方です。

100年前後の長い間、
大切に受け継がれてきたこれらのお品を、
次に大切に使ってくださる方に
橋渡しするこのお仕事は、
とてもやりがいがあり楽しいものです。

皆様が「一生もの」と思える
一点ものの宝物に
当店で出会えますことを、
心より願っております。

店主