フランスのアンティーク市・蚤の市でアンティークやブロカントを買付し、オンラインショップで販売しています

フランスアンティーク クリスタル製フラコン ア セル(気付け薬ケース)

昔の貴婦人たちが、
気を失った(失いかけた)時に
蓋をあけて中の気付け薬を
嗅ぐことで正気を取り戻したという、
「フラコン ア セル」flacon a sel 。

18〜19世紀のフランス小説を
読んでいるとたまに遭遇する場面ですが、
昔はウエストの細いドレスに合わせるために
きついコルセットをはめていたので、
うっ血して気を失い易かった・・・
というのはよく聞きますが、
現代と違って電気の灯りではなく、
蝋燭の光で過ごしていたものですから、
二酸化炭素が空気中に多くなるために
気を失い易かった とも言います。

上流階級の貴婦人方は
こういったものを忍ばせておきました。
もう作られることもないので
二度と作られない歴史の生き証人です。

銀製の蓋は、空かないようですので
無理にこじあけておりません。

【Size】H:5.5cm W:4.5cm D:1.5cm
【素材】クリスタル・銀
【年代】1800年代半ば〜1900年代初頭
型番 B1002
定価 7,800円(税込)
在庫状況 1個
販売価格
5,800円(税込)
購入数