フランスのアンティーク市・蚤の市でアンティークやブロカントを買付し、オンラインショップで販売しています

フランスアンティーク カンペール或いはマリコルヌ窯の耳付陶器ボウル 

ブルターニュ地方にある、
フランス最北端の地カンペールで
焼かれている有名なファイアンス陶器、
カンペール焼 
または、ロワール地方で
カンペール焼と似た絵付けをしていた
マリコルヌ窯の耳付ボウル。

1690年、ルイ14世の時代に
王立工場として設立された
アンリオ・カンペール社
(現在も操業するフランス企業で最も古い)
がほぼすべてのカンペール焼を
作っているそうですが、
こちらの耳付ボウルはアンリオ社の証である
Henriot などのサインが無いものですので、
マリコルヌ窯のものではないかと推定します。

新しいカンペール陶器は肌が滑らかなのですが、
こちらはややざらりとした質感に
ぽってりと厚みのある、
なかなか古いお品だと思われます。

萩焼のようなぽってりとした肌が愛らしく、
貫入の入り方もほどよく素敵。
裏に紐通しの穴があるので、
壁に飾ることも出来ます。

【Size】直径13cm H6.4cm W(耳を入れた幅)18.5cm
【年代】不明

【コンディション】釉の小さな剥げ、彩色の落ち、貫入あり
型番 C1183
定価 4,500円(税込)
在庫状況 1個
販売価格
3,800円(税込)
購入数