フランスのアンティーク市・蚤の市でアンティークやブロカントを買付し、オンラインショップで販売しています

フランスアンティーク シルバー800 ポルトモネ アールヌーボー期の花柄シルバーコインパース

貴婦人たちが使用したコインパースです。
フランス語ではポルト・モネと言います。

非常に細かなシルバーの輪を幾重にも重ねた、
大変繊細手の込んだジュエリーのようなお品です。
オブジェ・ド・ヴィトリヌといって、常に店主の手の届く
ガラスケースに入れられているような貴重なアンティークの部類です。

1880〜1910年頃にかけてのアールヌーボー期に特徴的なデザインで、
優雅な曲線を描く花や葉がモチーフとなっています。
向こう側が見える透かし彫りの、とても凝った華やかな作品です。

中に同素材の仕切りがありますので、
2種類の違うコインを入れることが出来ます。
また、丸環がついているので、
チェーンを通して使うことも出来ます。

なかなか欠損のない完品を見つけるのは難しく、
口金脇や底などに少しの欠損が見られますが、
写真のように広げてみるとわかる程度なので、
コインを入れることが出来ます。

【Size】H7.8 X W6.1X D0.6cm
【素材】シルバー800/1000
【重量】43g
【刻印】口金の片方に1つ もう片方に3つ刻印がありますが、摩耗して不明。
おそらく蟹かシャランソンというダニのような生物かと思います。
また、仕切りの部分に、当時シルバー800/1000を示すのに
使われていたシャランソンのポワンソン(刻印)があります。
是非、見つけてみてください。
【年代】1880〜1910年頃
型番 C1172
定価 24,800円(税込)
在庫状況 1個
販売価格
19,800円(税込)
購入数