フランスのアンティーク市・蚤の市でアンティークやブロカントを買付し、オンラインショップで販売しています

フランスアンティーク K&Gリュネヴィル・バドンヴィレのバルボティーヌ皿・黄桃

19世紀末〜20世紀初頭の
アールヌーボー期に愛された
バルボティーヌ陶器
(動物や植物などを凹凸を用いてリアルに表現した陶器)
のフルーツの絵柄のお皿です。

非常に柔らかい土を使って作られているので、
完璧な形で残っているものは
なかなか見つかりませんが、
それぞれ違うフルーツの絵柄の
バルボティーヌ皿6枚セットを
入手することが出来ました。

フランスのみならず、
イギリスやドイツでも作られた
バルボティーヌですが、
こちらはフランスのリュネヴィル社
(K&Gリュネヴィル・バドンヴィレ)
のもので,どの果物もプックリ浮き上がって
とてもリアルで可愛らしいです。

パリの人は、自然をモチーフにした
バルボティーヌを「田舎のもの」と
言ったりもしますが、フランスでは
「カンパーニュ」という言葉は
ある種の憧憬をもって発音されるように思います。
パリジャンたちは、このお皿のように
自然をモチーフとした食器で
食卓や壁を彩り、
めぐみ豊かなカンパーニュへ
思いを馳せたことでしょう。

【Size】直径20.5cm H2cm
【年代】1800年代末期〜1900年代初頭
【コンディション】未使用なのかもしれません。非常に良いコンディションです。
型番 C1204c
定価 12,800円(税込)
在庫状況 1個
販売価格
9,800円(税込)
購入数